logにっき

初の給料日を迎えました。当然ですが現金でもらう訳ではないので、正直あまり実感はありません。とりあえず最近個人的なブームであるポテチと、あとてきとうにバンホーテンでも買って食べました。
あんまりお金の使い道がないですね・・・。久々にアマゾンで中古のCDを買おうかな、くらい。本は積みすぎてて一年くらいは持つだろうし。ゲームはフリーゲームあるし、てか時間かかるしな。まあいいか。
先週は「カリスは影差す迷宮で」をクリアして、いま現在は「ふしぎの城のヘレン」をプレイしています。今日中に終わるかな?
アニメはようやくプリパラがリアルタイムに追いつきました。GWにはアイカツも追いつけたらいいな。

忘れるとあれだから一応残しておく。Azealia Banksの「1991 EP」が素晴らしい。もう三年前?の作品ですが。当時エレキングで野田さんが話題にしていて、そのときも相当はまった記憶があるのですが、改めて聴いてやっぱめちゃくちゃいいという。『すべてにおいて完璧。夏前に買ったシングルだが、2012年のベストな1枚だと思う。』ですよ。([Electronic, House, Dubstep]#12 - | ele-king)キラーチューンってこういうものだよなあ、と再確認させてくれるような曲がこの一枚に(すくなくともぼくにとっては)3曲も入っている。4曲中の3曲。かっこよくて気持ちよくて、もう最高です。

それ以外ではA Guy Called Gerald「Black Secret Technology」にはまっている。fact誌でとても評価が高く、まあそもそもピッチフォークでも高いのだけど。とてつもなくロマンチックな音楽。この手の音は去年あたりに、またまたfactの90sのリストで知ったIcon「Emotions With Intellect」で出会っていて、このときに音とジャンル名が初めて一致したというか。いや一致してるのかわからないですが、こういう音の作品郡があるんだろうと。drum'n'bassとかjungleとかいったジャンルで、自分はそのジャンルのことはまったく詳しくないのでこれから徐々に開拓していこうと思います。ぜんぜん調べもせずに書いてるのでよろしく。とりあえず大きな鉱脈を見つけた気になっていてわくわくしている。こういっちゃなんだけど、ここらへんの作品は今ならかなり安く入手できるのではなかろうか。